診療案内

人に優しい泌尿器科医療を

40年の経験を皆様の力に

三樹会病院は昭和53年(1978年)に、北海道で最初の泌尿器科専門病院として開設されました。現在、泌尿器科としては全国最多の99床をもち、泌尿器科専門医9名、麻酔科専門医2名が日々の診療に勤しんでおります。

昭和59年、日本で最初の体外衝撃波破砕装置(ESWL)を導入し、以後わが国における尿路結石治療の中心的施設の一つとして、尿路結石の治療に携わっております。また、前立腺肥大症、前立腺がん、腎臓・膀胱尿管がんなどの治療にも積極的に取り組むとともに、勃起障害(ED)・男性更年期障害には、専門外来を設け、生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)の向上にも尽力しております。

最新のESWL治療

ESWL(体外衝撃波砕石術)の日帰り・一泊治療も可能になりました